セード

セードが汚れたり破損していませんか?

スタンドは、ムード作りに欠かせない客室の必需品です。セードが汚れて、破損していると
お部屋のムードも台無しです。クレームが出る前に常にチェックしておきたい部分です。

 
            


 シミが付いていませんか?  ホコリがたまっていませんか?  焼け焦げは付いていませんか?

 破けていませんか?       凹んだりしていませんか?     変形していませんか?   


当社ではセードのみの交換も承っていますです。下記のスタイルを参考に、
仕様・寸法をご確認の上ご注文・問い合わせ下さい。


ス タ イ ル
    1.ホルダー式
ホルダー式 セードと電球の取付方法は
主にこの3タイプです


 お問い合わせ・ご注文の時は、
<スタイル><採寸箇所>
の数字をすべて連絡下さい。
なおセードは全て防水加工で
 生地色はアイボリーか白です。
セードの金具部分を固定リングで
  ソケットに取り付ける方式です。   
   2.アーム式        3.キヤッチ式
アーム式 キャッチ式
セードの金具部分を飾りナットで セードのスプリング金具で電球
  アームのネジに固定する方式です   キゃッチして固定する方式です

採  寸  箇  所
下記の図の ┣━┫ の部分を全てチェックして下さい。
注 ; は高さです(辺の長さではありません)。は取付部下がり位置までの距離です。
丸形ソケットホルダー式 丸形アーム式
ホルダー丸 アーム丸
半円型ソケットホルダー式 半円型アーム式
ホルダー半円 アーム半円 
は金具センターから端までの距離です。 は金具センターから端までの距離です。
丸形ランプキャッチ式 丸形アーム フタ付
キャッチ丸 アーム丸フタ
ト ラ ッ ク 型 ア ー ム 式
トラックアーム
*フタがある場合はフタのサイズも同様に採寸して下さい。


* セードさえ交換すればまだまだ照明スタンドは使用できます。

上記以外のタイプについてもご相談承ります。

−−−−−今後もメンテナンス方法・ミニ知識などの役立つ情報を掲載していく予定です。−−−−−
  

ホーム